体験談|残業100時間超えが当たり前になって感覚が麻痺。まだ頑張れると思っていた過去の私

残業が引き起こす 感覚麻痺 仕事・バイト

今考えてもゾっとします。

私が社畜ズッポリの会社員時代だったとき、ある職場で

  • 1日4〜5時間の残業×20日(つまり終電)
  • 月2、3日には土曜日出勤

ザっと100時間 業務時間外労働をしていました。

ヒイ・・!!!

当時はあまりの業務量にいっぱいいっぱいになっており、正常な感覚が消失していました。

つまり、心も体も麻痺ってたんです。

故に、麻痺ってるので「まだ頑張れる!まだ頑張れる」と思い自分を追い込んでしまったんですよね。

まだ頑張れる!という感情が芽生えたら、それは危険だと言うメッセージを込めて私の体験談をサクっとお話ししますね。

残業から生まれるもの、それは感覚マヒ!!!!!!

このブログでも何度か同じようなこと書いていますが、残業から生み出されるものって、
感覚のマヒだと思うんですよね。

私がそうだったから、なんですが。

私が経験した会社では、まわりの先輩たちはあたりまえのように終電ちかくまで働いていて(なかにはオフィスに泊まる人もいて)残業があたりまえだったんです。

それでも早く帰っちゃいけない雰囲気があったわけではありません。

みんなで残業なくしていこうムードも一時期はありました。

それに、私も当初は絶対に残業しない!!と心に誓っていたんですよ。

見事にその誓いは自分で破りましたがね

その理由はこちらに↓
【帰りたい】残業なんて嫌!と思ってる人が結局残業してしまう理由が分かったような気がした
残業なんて嫌!誰しもが思うことと思います。 私も嫌で嫌で仕方ありませんでした。 でも、そう思っていても結局残業している自分がいるんです。 嫌とわかっているのにしてしまう・・このことについて気づいたことがあったんです。 3...

最初は定時に帰れていたんですよ。

でも次第に仕事をたくさん任されるようになり・・・。

私は決して即戦力ではなかったけれど、それでも【そこそこは仕事できるでしょ?枠】に入っていたのでそれなりの仕事を任されるようになっていったんです。

人でも少なかったしね。

最初は、わあ!仕事を任せてもらえる!キャキャっ♪と、すごく嬉しかったんですけどね。

でも、次第にそんな感情はどっかに吹っ飛び、毎日が残業からの苦痛に耐え抜く日々へと変わっていきました。

人間って本当に環境の生き物ですねぇ・・

残業が当たり前だから、ランチに外出するときに夕飯分もコンビニで買ってオフィスの冷蔵庫にストックするようになりました。

終電の電車の時間から逆算してタスクをこなすようになってしまいましたね。

今週の土日はどっちを出勤にしようかな〜と思うことが当たり前になっていきました。

まさしくこれが異常な考え。あってはならない考え。これが感覚のマヒってやつ・・。

残業100時間が当たり前になり、感覚麻痺しているからこそ芽生えた「まだ頑張れる」

そう。

そこまで追い込んでいると、常に仕事を終わらせることばかり考えて自分の不調に気付きにくくなります。

それは精神的にも肉体的にも。

これは、経験からいいますがめっちゃ見逃しちゃいけないんです。

私は持病が悪化したし、涙が止まらなくなるくらい精神崩壊したから、感覚の麻痺が不調を見逃すことの危険性を身をもって経験したんです。

よくトイレで泣いてたよ・・・
仕事が辛くて涙が出るあなたへ私の実体験から言えること。何の為に働いているのか考えよう
仕事が辛くて泣いてしまうあなたへ。 私は自分の仕事量が多すぎて抱え込みすぎて毎日のように泣いてしまっていた時期があります。 もう毎日がいっぱいいっぱいで、辛いのにどんどん仕事量が増えていく。 精神的にギ...

体は悲鳴を上げているのに、まだ頑張れる!とかまだいけるはずだ!とか思っちゃってたんですよ・・・笑

それで退職という末路になったんだから(退職してよかったって思っているけど)本当に、自分を追い込むことはお勧めしない。

そこまでして成し遂げないといけない何かがあれば別だけど・・

残業手当が別途出るならまだよかった。出なかったんです。(正常な今だったらありえないって思うけど、当時は残業代でないことも不思議に思ってなかった)

残業100時間は当たり前じゃないよ。断言する。

巷では、某ストイックな社会人が「残業100時間程度たいしたことない」「社会人はみんなそれくらい働くのが当たり前」とか「残業100時間で辛いとか甘え」とか発言する人がいるみたいですが。

残業100時間って、異常ですよ。

全然当たり前でもないですからね。

残業100時間を当たり前っていう人は感覚がかなり麻痺しています。

そういうことを普通に言えちゃう人は、己の感覚が麻痺してストイックになりすぎていることに気づかず、そして自分がストイックだから他人に対してもストイックになっているだけです。

ちょっとでも疲れてみたら、職場以外の人に相談してみるのも1つ

もしあなたが「ちょっと疲れてきたかも・・・・」と思ったら、今の状態のことを同じ職場の人間ではない人、そして残業をしていない人に相談してみることをおすすめします。

自分がどれだけ過労気味か、精神的に追い詰められているかがわかりますから。

同じ職場や同じ境遇の人に相談しても共感されるだけで驚かれず、自分の異常な労働環境に気づけないからです。

友達とか家族とか。あるいは知り合いとかにでも。

私はあまり言わずにいたのですが、言って他人にたくさん相談しまくっていればよかったと思います。

社外に話し相手を見つけることはとても大切です
【仕事辛い】話し相手を見つけることの大切さ。他人でも友達でもまずは話してガス抜きしよう
仕事が忙しすぎてそろそろ限界・・ そんなあなたに伝えたいこと。 それは、「限界になる前にガス抜きをしてほしい」ということ。 辛い現状を吐き出せる話し相手を見つけてほしいんです。それってすごく大事なことだから。 今回は、仕...

ガス抜きまじ大事。

あんな情緒不安定になってしまうくらいなら、もっと前に早くに辞めればよかったなって感じです。

まとめ

世の中には働き過ぎが故に自分でかかえこみ、そして残念な結果になってしまうケースが少なくありません。

ちょっとでも「疲れたな」と思ったら早めにまわりに打ち明けること。相談してください。

自分の感覚の麻痺っぷりを認識してください。

そして、まだ頑張れる!!とかこれ以上追い込むことはやめてくださいね・・私のような末路になりますよ・・・笑

ということで、残業100時間働いているのにまだ頑張れると思っていた私の体験談をお話しさせてもらいました。

あまりオチのない内容になりましたが、感覚麻痺はやばいよ!ってことが言いたかった。

タイトルとurlをコピーしました