仕事

今すぐ会社辞めたい!と勢いで辞めて後悔しないためにあなたがすべきこと【私の実体験】

今すぐ会社辞めたい!と勢いで辞めて後悔しないためにあなたがすべきこと

今回は勢いで会社を辞めることのリスクについてお話ししたいと思います。

私自身、勢いというか安易な気持ちで会社をやめてめちゃくちゃ後悔した経験があるのと、最近の「ブロガーになって自由な生き方をする!」「フリーランスになって自由な働き方をする!」って気持ちで会社を辞めてしまう人を見て思うことがあるんです。

なんとかなるだろう!と勢いで会社を辞めるのは超危険

ブロガーになるんだ!←危険

最近はブロガーやライターなど、フリーランスとして自由な働き方を選ぶ人が増えました。

このこと自体は問題ないと思いますが、後先考えずに「ブロガーになったらすぐに稼げる!」と思っていきなり辞めるのはリスクが高すぎます。

なぜなら、辞めた後に「ブロガーになったけど全然アクセスなくてお金が底をつき結局会社員に戻った・・」とか、「思っていたのと違った・・」とかいう話は聞くし、それが現実だと思うからです。

一般的にはブログをはじめてもアクセス数が伸びるまで3ヶ月はかかると言われていますし、私自身ブログを運営していてその通りだと思っています。

成功者がいる=自分も成功者のようになれる!と勘違いしてしまうのは、危険すぎます。

ほんとに。

すぐに仕事なんて見つかる!←危険

これはまさに私が経験したことなのですが、「きっとすぐに仕事見つかるだろう♪」と考え、転職先が見つかっていないのに辞めて結局見つからなくて派遣で食いつなげる事態になりました。

とくに私の場合は前職の転職先があっさり見つかったという成功体験があったんで調子のってしまってたんですね。

失敗でした。(ちなみに次の転職はちゃんと見つけてから辞めました。)

フリーランスになって自由に生きるぞ!←危険

これもブロガーと同じ感じですが、まだフリーランスとしての仕事の目処がたっていないのに「ライターか何かで仕事もらって食っていこう」的な軽い感じでいたら危険です。

そもそも自分が何が得意か長けているか、どう仕事をとっていったらいいか等々がわからない段階で飛び込むのは準備不足だし現実と理想のギャップに挟まりかねません。

例外:もう精神がやばいならすぐ会社を辞めるべき

これは絶対です。

もうこの会社にいたら精神崩壊する!辛すぎる!ならすぐに辞めるべきです。

といっても生活費のこともありますから、一概にやめろ!と言えないのですが・・・やはり体が1番大事だと思うのです。

それに休職っていう手もありますから。できれば休職がおすすめですかね。お金も入ってくるし。

1番優先しないといけないのは、やる気でもお金でもなく、自分の体です。(とくに精神状態)

こう思うのには理由があって、私自身経験があるからなんです。

精神崩壊の一歩手前までいったことがあって痩せコケて、毎日泣いてばかりで、もう限界だったんですよね。

この時私の頭にあったのは、やる気でもお金でもなく、ただただこの環境から解放されたいってことだったんです。

例外:お金の心配がないのなら勢いで辞めてもそれでいいと思う

勢いで辞めても生活費が確保できているのなら、問題ないと思います。

私が危険!とかリスク!とか言うのはこの生活費とか経済的な部分のリスクが大きいからなんです。

でもこのリスクがある程度回避できる状況なら、勢いに身をまかせてもいいと思うんですね。

たとえば無職でも問題なく半年は生きていけるほどの貯金がある、とか。

お金の余裕は心の余裕です・・。

勢いで辞めて後悔しないために、あなたがすべきこと

というわけで、あなたの精神状態がヤバイ寸前までにいっておらず、勢いだけで辞めようと思っているのであれば、辞める前にできるだけ準備をしておくことをおすすめします。

お節介な話かもしれませんが。

転職だったら転職先を見つけておいたほうがいいし、アフィリエイターやブロガーになりたいなら会社員時代にいくつかサイトを解説しておいて育て、そして収益が順調に伸びてきた段階で、思い切ったほうがいいです。

これほんっっっっと大事です。

ちょっとでも「いまの会社微妙〜」って思ったら自分でできる準備はすすめておいたほうがいいです。

私のようにノイローゼ寸前になってあたふた焦るなんてことにならぬように。

準備をしすぎて機会を逃してしまった・・ってなったらそれは本末転倒ですが、できる限り準備をしてリスク回避ができる状態で辞めることをおすすめします。

辞めるのはいつだってできますからね。

まとめ

私自身、勢いで辞めてかなり後悔した経験があったんで「準備したほうがいいよ!」という意見が強いです。

でも全ての人にこれがあてはまる成功法とは言い切れないので、こういう考えもあるんだって感じで参考にしていただければと思います。

ただ、全てにおいて言えることは、自分の体や心を第一に考えてくださいってことです。これは大前提。