仕事

【社畜】ストレスが限界を越え、ついに頬がこけ痩せました【体験談】

ストレスで 頬こける

私はこれまで社会人として4つの会社で営業職とSE職を経験しました。

そこでの感じたストレスで痩せて頰がこけてしまった体験についてお話しします。

ストレスで痩せるって聞くけど本当に痩せるの?逆に太るんじゃなくて?

前に、過酷な労働環境で働いている友達からよく
「ストレスで食欲なくなってさ」とか
「やせてさ」とか
そんな話を聞いていました。

私はよくストレスを感じると食に走って太るタイプだったので、その話を聞いて内心ストレスで食べられなくなるとかそんなことありえる?なんて思っていました。

でも4社目の会社でSEしてたときすごいストレスを感じたことがあったんですね。
(抱え込み過ぎて助けを求めなかった自分が悪くて、まわりの先輩は超絶いい人ばかりでした)

あれもやらなきゃいけないこれもやらなきゃいけないでいっぱいいっぱいになってしまったんです。

やがていきなり涙が出るようになり、情緒不安定に突入。

そんときはびっくりするくらい食欲がなかったんです。大好きなカロリーメイトもぜんぜん食べられないし、大好きなお菓子も見るだけで「う・・」てなりました。

のどの奥がしめつけられるような感覚と、吐き気が伴う頭痛。

とてもじゃないけど食べるなんて行為は考えられず、食欲がなくなりました。

人間、ストレスが最高レベルに跳ね上がったときは本当に食べられなくなる

このとき私は、以前に友達が言ってた「ストレスで食欲なくなってさ」って言葉を思い出しました。

そして「ああ・・このことを言っていたのね・・」っと納得。

本気で食欲なくなったので、体重もどんどん減って鎖骨すぐ下の肋骨のところが浮かび上がってくるし頬もこける。食べたかったものが食べられなくなるのもすごいストレスでした。

食に走れている段階はまだ食に走る余力がある

で、もう無理・・と思って先輩にSOS出しました。

溜めてたものが一気に溢れ出し、そして助けてもらい段々と気持ちに余裕がもてるようになりました。

それでも業務量的にはまだまだたくさんあったから毎日残業+休日出勤だったけど、気持ちの余裕がでたおかけで食欲が回復。

体重も回復!!

そして、以前のように食べることができるように。

ストレスは相変わらず感じてはいたけど、頭痛は減ったし喉の痛みも減ったし、食欲はもとに戻りました。

で、このときに思ったんですよね。

ストレスにやられているときに食に走れるのは食に走る余裕があったからだと。

本気でストレスがMAXなときは、食欲まで遮断されてしまうのだと。

まとめ

この経験で、自分がどの程度のストレス状態にあるのかが食欲というバロメーターで測れるということに気付けました。

まぁ、そこまでストレスを抱える経験はしなくていいんですけど。

ということで、ストレスが限界いくと本当に食欲なくなると実感した話でした。