仕事

仕事が辛すぎて心療内科(精神科)に行って「なんか違う」と思った話

心療内科(精神科)で感じた違和感

今回は、仕事が辛すぎて人生ではじめて心療内科(精神科的な)に行ったときの体験談をお話しします。

結論から言うと、精神科の門を叩いたのをきっかけに「なにかが違う」と我に返ったって話です。

仕事が辛すぎて涙が止まらなくなったので心療内科に行きました

もうこのときは全てが限界に達していたんです。

仕事のタスクが多くて毎日残業残業・・休日出勤。

毎週木曜日か金曜日になると「今週の土日はどちらを出勤日にしようか・・土日出勤しないと間に合わないのかな」と思うのが日課となっていました。

ただでさえイッパイイッパイなのに、また新たな仕事が舞い込んできて「もうこれ以上無理!!」と、いつ爆発してもおかしくない状態でした。

っていっても号泣という名の爆発はおこしていましたが。

でも「いよいよこのままじゃやばい」と思ったのと、「診断書をもらって会社休めないかな?」と思ったので心療内科に行ってきたんですね。

いわゆるメンタルクリニック的な病院です。

心療内科は暗い雰囲気なのかと思ったら違った

人生初の心療内科だったので、行く前はいろんな想像をしていました。

「なんか薄暗いのかな」「俯いた感じの人が多いのかな」

なんてネガティブな想像をしていて、固定観念ありまくりな状態で、かなりかまえて行きました。

でも実際に行ってみたら受付の人はすごくハキハキしているし、病院内は照明で明るい(あたりまえ)

患者さんもパっと見は心が病んでいるようには全然見えない。

そんな感じで想像と違っていたのでホっとしたのを覚えています。

受付を済まし、個室に案内される

ちょっとドキドキしながら待っていると名前か番号だか呼ばれて個室に案内されました。

部屋に入ってイスに座った瞬間、超満面な笑顔の先生が「こんにちは〜」と挨拶してくれました。

我にかえる・・というかなんか違うかも!って思った

あくまで個人的な感想です。

この先生の超満面&優しさであぶれすぎた笑顔を見て、なんだか違和感を覚えてしまったんです。

なかにはこういう笑顔に癒される人もいるかと思いますし、決して先生の笑顔がどうこうってことを言いたいわけではありません。

ただ「なんか違うかも」と思ってしまったんです。私の心がザワっ!!!としたんです。

でもここで「帰ります」とは言えず一応これまでのいきさつをお話ししました。

そして私の心情やカラダの不調も話し、最後に「診断書がほしい」旨を伝えたところ、どうやら脳神経科に行ったほうがいいかも?とのことでした。

この時心がいっぱいいっぱいだったのはもちろんですが、同時に頭痛が半端ない状態だったので、まずは体の不調を治したほうがいいとのこと。

そらごもっともだわ、と思いました。

体の不調を治してもまだ辛さがぬぐえないようだったらまた来てねって感じで、とりあえずこの日は終了しました。

病院を出て、なんとも言えぬ感情になりました。ホッとした感情に近かったかもしれません。

そして先生と話していて思ったのは、ここは私よりもだいぶ心が病んでいる人が利用すべきなのかもと思ったし、なんだか自分が軽率で失礼な行動をしているかのように思ってしまいました。(まぁ診断書目的という感じでもありましたし)

そういった感情もあり、トータルで「なんか違うな」って思ったんだと思います。

心が完全に崩れる前にこういった病院を頼るのは1つの対策だと思いますが、私の場合はなにかが違うと思ったので、この日以降、心療内科に行くことはありませんでした。

まぁ、人によって&その人の病み具合で心療内科の向き不向き?があるのかもしれません。

まとめ

オチのない話になりましたが、あくまで個人の体験ですが私は心療内科に行って違和感を覚え、それ以降は通うことはありませんでした。

正直心療内科に行くのも苦渋の決断に近かったので、なんか我に返ったというか。

ここで「私はここに頼りたくない!」と思ったんです。

くどいようですが、私の場合は、です。

でも心療内科に行かなければこんなこと思うこともなかったので結果的に行ってよかったなとも思います。

そんな体験談でした。

にしても・・世の中にはあろこまで満面な笑顔にできる人がいるんだな〜っていう驚き。