仕事・バイト

仕事が辛すぎて辞めたいあなたへ。辛いときほどしっかり準備をしたほうが後が楽です

転職は辛いときほどしっかり準備をしたほうが後が楽

私は20代で3回転職を経験しました。

たった3回ではありますが、いろんなことを考えさえられ、学びました。

その中で今回は「転職をするときの準備」についてお話ししたいと思います。具体的な手順というよりか、マインド的なお話しです。

※ここではすでに自分の中で「転職したい」と心の底から思っている人向けにお話しします。転職を勧めたいわけではありません。

私が経験した転職時の2パターン

私自身、転職をするたびにつくづく思ったからなんですよね。

パターン1「辛すぎる」と勢いで仕事を辞めた時

辛すぎて入社5ヶ月で会社を辞めたことがあるんです。

そのときはやめる前からコソコソ転職活動していて、辞めたと同時に次の会社へ入社したので金銭的な不安など、心労はありませんでした(在職中に会社に転職活動してたことがバレて怒られましたが)割とスムーズに仕事を変えることができたんです。

パターン2「どうせすぐ見つかる」と勢いで仕事を辞めた時

で、次に転職したときは「転職先まだ見つからないけど、すぐに見つかるだろう〜♪」と思って勢いで辞めました。

そしたらなかなか見つからなくて金銭的にすごく苦痛だったんです。びっくりするくらい落ちまくりました。

ほっっっっっとに心労はんぱなかったです。暗黒時代・・。

転職そのものが多大な労力・心労をともなうのだか心の負担は軽いほうがいい

転職先が簡単に見つかるなら、これに越したことはないし何も心配する必要はないでしょう。

見つかる自信があるのなら何も考えずに勢いで辞めても全然いいと思います。

が!上述しましたが私は2回目の転職を終えて思ったんです。

もし在職中の仕事が辛い → 勢いで辞める → 転職先が見つからない → 貯金がどんどん減っていく → お金の不安 → 転職先が見つからない→ ・・・

こんな流れになっていたら、辛くて会社辞めて解放されたのに、さらに転職活動でもしんどい目に合うなんて私は耐えられないって思ったんです。ストレスの波が幾度となくやってくる的な。

ブラック企業から解放されただけでもいーじゃん!とも思うのですが実際、転職活動がうまくいかないでただただ貯金だけが減っていくあの恐怖心はもう半端なかったです。

そもそも転職って人生の中でも大きなイベントなわけで、それにかける時間や心労ってすごいんですよね。ほんとに。

できることならスムーズに、そして余計なことを考えずに転職活動をすすめたいですよね。

お金が減る恐怖に耐えかねて適当な転職先見つけるのもしたくないですし。

辛いときこそ、ほんとに限界きたときにすぐ辞められるように準備することが大切

だから何が言いたいかっていうと、もしあなたが「まじ会社辛い。もう辞めたい!ちきしょう転職だ!」って思い立った時は、できるだけすぐに準備をしてください。

辛いと思った時点で、その仕事に対して心が何かざわついてたり、違和感を感じている証拠です。その心に敏感になった方が良いと思うのです。

「勢いで辞表!さぁ今から転職!」じゃなくて、影でコソコソ進めるのです。

つまり、段取りを整えておくんです。

転職するならこういった準備をするのは当たり前のことと思いますが、日々の業務に追われたり辛すぎる感情が大きいと、勢いで辞めたくなることもあるんです。

で、人それぞれ転職活動のしやすさなど事情はあると思うんですね。

  • 在職の仕事が激務すぎて転職活動する時間がない人
  • 転職がバレないか心配で動けない人
  • 働いてなくても転職活動をゆっくりできるほど貯金がある人ない人

だから私がいまお話ししていることを簡単にできない人も多いかもしれません。

ただ、まだ心にほんの少し余裕があるのなら、在職中にできることを進めておいて辞めれば、スムーズに進められます。

たとえば準備にもいろいろあって、可能なら(リスクがないなら)転職先から内定をもらうとこまで進めておくのがベスト(その余裕があるのならそれが1番)です。

それ以外にも

  • 転職サイトに登録だけしておく
  • 質疑応答様のカンペを用意しておく
  • 希望の転職サイトをお気に入り追加しておく
  • 転職活動中の生活費を貯める
  • 副業して転職活動中の生活費を貯める

などなど下準備はたくさんできます。

私はひたすら転職サイトでESを作成していました。お気に入り企業も増やし、エントリーもたくさんしていましたね。

ちなみにですが、もう精神が限界!これ以上行ったら鬱になりそう・・って人は一刻も早く自分の体を優先すべきです。

体を壊してしまっては転職すらできませんからね。ここまできている人は休職って手もあります。

ここで言いたいのは、限界までいってないけど、辛すぎるから転職したいって人は可能な限り準備したほうが、あとあと楽ですってことです。

辛いときこそ、準備が大事なんです。

仕事が辛いはあたりまえ?んなわけあるか!

仕事は辛いもの?

そんなわけないと思います。仕事が辛いから我慢しなくちゃいけないって一種の洗脳のように聞こえます。

本来私たちは好きなことをしていいはずです。好きなことをするために生まれたと言っても過言ではない、と私は思います。

この世の中は宗教的な考えが蔓延っていますが、私たちは修行のために生きているわけじゃないはず。生活するために仕事が存在するわけじゃないはず。

好きなことをするために生きているのだと、私は心の底から思っています。

なので、仕事は辛いもの、という考えはちょっとズレていると思うんですよね。

そんな固定観念ってか宗教的な修行に囚われた考え、なくなってしまえばいいのに。

まとめ

私は転職先が見つからない不安に押しつぶされました。

あんな経験二度としたくないです。

ですので、辛い職場から解放されたい気持ちの勢いに任せず、下準備をコソコソ進めておくことを強くおすすめします。