仕事・バイト

バイト初日に泣いた。仕事が覚えられなくて当日に辞めたいと思ったけど結局3年続いた話

バイト初日に泣く

私が体験した高校の時に始めたバイトの話についてお話しします。

バイト初日で「こんなに覚えることが多いなんて私絶対無理!もう無理!今すぐ逃げたい!」と感じ、なんと人前で大号泣してしまったんです。

しかも店長の目の前で。最悪

正直、もう初日で辞めようと思ったんです。止める一方寸前・・

でも結局そこから3年近く働きました。

なぜそうなったのか、私のお恥ずかしいこの体験談についてお話しさせていただきます。

接客業を鍛えたいと思って高校生の時に某レストランで働き始めました

接客業したい欲求にメラメラ燃えていた高校生のころ、当時温泉のレストランでバイトしていました。

ですがもっと厳しめなレストランとかで謎にさらに鍛えられたいと思うようになり、某レストランで働き始めたんですね。

チェーン店だからきっと接客はしっかりとしたものが学べる!と思ったし時給もそこそこよかったのでそのお店に決めました。

接客経験あるから多少きびしくてもイケるだろうと思っていたんです。

同時に、自分に自信をもっと身につけたかったし。

自信をつける
自信をつける方法は簡単。自己肯定感が低かった私が自信をつけるために行った1つの方法【実体験】みなさん、自分に自信、ありますか? 仕事や、健康、恋愛、ファッション、なんだっていいです。 自信もってる分野ありますか? 実は私、以前までは自分に自信が全くなかったんです。 でも、いまでは昔に比べ自信がグンっとあがりました。 そんな 自分に自信をもたせるたった1つの方法を紹介します...

私ならきっとやれる!とすごく強気に思っていました。

が、現実は厳しいものでした。

バイト初日、店長の前で泣いた大失態。覚えられない、無理と思った

そしてバイト初日。気分るんるんで勤務がスタートしました。

店長がその日つきっきりで、全体の業務を教えてくれました。

全体像を把握しましょうね〜的な。

来店時のお出迎え、注文取り、料理運び、お会計、片付け等々一通りをおしえてもらったわけですが想像していたのと全然違って

え・・・・こんなに覚えることあんの・・これやってる間にこの仕事・・・え!え!やばいやばいやばい頭がまわらない・・・このメニューの量絶対覚えられない

無理・・もう辛い。逃げたい

本気で「無理かも」と怖気づきモードになり、涙腺が崩壊し始めました。

そして最後に店長にお店のグランドメニューをポイっと渡され、

「これ、なるべく早めにメニュー覚えてきてねっ!」

と言われた瞬間私のスイッチが入り、ドバアアアアーーーーっと泣いてしまったんですね。

店長「あ・・ごめんね。詰め込みすぎちゃったかな、今日たまたま自分が空いてたから1日でおしえちゃうおうと思ったんだけど、ごめんね」

・・確かに一日で詰め込まれたのは今考えると無理はあったものの、でも店長がしたことは当たり前のことで、店長は何も悪くありません。

まさか自分のキャパがこんなにも小さいなんて思ってもいませんでした。

それに一番びっくりしたんです。

店長「今日はもうあがっていいよ。続きは次来たときにやろう。」

そして予定時間よりも早めにあがらせてもらうことになりました。

・・・。

泣きながら控え室に。そして救世主に出会う。

控え室に戻り意気消沈となって休んでいると、休憩でキッチン担当のおばちゃんがやってきました。

そしてそのおばちゃんは真っ赤な目をした私を見て声をかけてくれたんですね。

私「ちょっと、、いっぱいいっぱいになってしまって(また涙が溢れ出る)」

そしたらおばあちゃんがこう言ったのです。

「みんな、初めはそうなのよ。」

そして続けて

「いろんな子見てきたけど、最初は泣いちゃう子いるのよ。みーーーんな最初はそんなもんなんだから大丈夫よ大丈夫」

とタバコを吸いながら、優しい眼差しで言ってくれたのです。

今こうやって書いていると、何の変哲もない世間話って感じですが、

当時、この瞬間の私にはめちゃくちゃ心に突き刺さったんです。

なんせもう当日この場で「やっぱ辞めます」とか言おうか言わまいかの瀬戸際ばりに泣いていましたから・・。

私、自分ってなんでこんなキャパ小さいのだろう、みんなはそんなことないんだろうな、って思って情けなくてしょうがなかったんですけど、そのおばちゃんのこの言葉にすごく救われたんです。

そのおばちゃんの言葉で辞めることを回避

かなり単純に聞こえますが、このおばちゃんの言葉に私は救われたんです。

自分は自分、他人は他人って精神でいればよかったんですけど・・・

当時の私は「ここで働いている人はきっともっと優秀な人たちなんだろうな」と思って余計に落ち込んでしまっていたんです。

なのでおばちゃんに「みんな最初はそうだったのよ」って言われたのが本当に本当に嬉しかったんです。

そしてその後も何度も何度も心が折れかけたし(多分折れていた)泣きまくったけど、そのあともその言葉を支えになんとか続けることができました。

たぶん、というか絶対あのおばちゃんがいなかったら私は辞めていたと思う。

おかげであの日から約3年ほど働くことができたのでした。

3年近くやっていると時間帯の責任者にもなることができて、我ながら、あのメンタル豆腐が、ここまでよくやったと思う

そしてこの経験が自分への自信につながったのは言うまでもありません。

まとめ

バイトの初日に店長の前で鼻水が出るほど大号泣したにも関わらず、その後3年近く働けたのは紛れもなくあのおばちゃんの言葉があったからです。

私はたまたまそのおばちゃんに出会い、そしてたまたまその言葉が私の心に突き刺さったからで、誰にも特にならない体験談なのですが、

言葉の影響力は自分が思っている以上にもんのすごい力があるのかもしれないと思ったので、まぁそんな感じです。はい。

関連:濃い体験多め。私のバイトの体験談のページはこちら

大学時代はバイトに明け暮れていたので、たくさんの仕事を掛け持ちしてきました。

そんな中で体験したあんなことやこんなこと、ブログでいっぱい書いたので、ぜひ見てやってください。

深夜のバイトは時給高いけど、珍客が来ることもあったよ
深夜バイトのメリットデメリット
【体験記】深夜バイトのメリット・デメリット。私が経験した身の毛もよだつ危険な話。今回は、私が学生の頃にファミレスで深夜のバイトをしたときの話をしたいと思います。 そのときに感じたメリット・デメリットや女子が深夜...
女だらけのバイト先。まさか自分がいじめの標的になるなんて思っていなかった
女ばかりの職場はめんどくさい
女ばかりの職場はめんどくさい。先輩や派閥..いじめをアパレルバイト時代に受けて学んだこと【実話】今回は学生時代に経験したバイトでの出来事をお話ししたいと思います。 女子ばかりのアパレル業界で仕事し、自分がどういう職場が合ってい...
ちなみに、バイト先のショッピングモールで大胆な行動もとったりもしました
連絡先を書いた紙を 渡しました
【実体験】一目惚れした人に連絡先を書いた紙を渡しました(女性から)その結果・・。大学時代にバイトしていたショッピングモール。とある男性に一目ぼれ。思い切って、「よかったら連絡ください」と連絡先を書いた紙を渡しました。(女性の私から)そしてその日の夜、なんと彼から返事がきたんです。今回は連絡先を渡した体験談とその後のこと、さらに私たちに起こった変化などもお話ししますね。...