感じた事

【断捨離】テレビを捨てて6ヶ月・・私の身に起こった5つの変化とメリット・デメリット

就活の交通費がバカにならない。会社説明会の交通費代に苦労した話

我が家にはテレビがありません。

半年前に手放したんです。

手放した理由は主に以下の3つ

  • 別にテレビがなくても困らない
  • テレビを見はじめると見たくない番組までもダラダラと見てしまう
  • そもそもテレビの情報でまどわされたくない

こうした理由で手放して半年・・私の身に起こった5つの変化についてお話ししたいと思います。

すごく意識高い系な内容をお届けします・・・。

「テレビいらないかも」手放してから6ヶ月・・私に起こった変化5つ

テレビ手放しました
※テレビそのものを否定しているわけではないので悪しからず・・。

テレビを手放して起こった変化1:情報は受け身ではなく、自分で取りに行くようになった

テレビって、つけてれば勝手に自分に情報が入ってきますよね。

それが自分にとっては良い情報ばかりだったらいいけれど、どーでもいい情報とか、自分には不必要なものも入ってきます。

そういったときには、チャンネルを変えればいいことですが、ここがテレビのすごいとこで
どーでもいい情報でも映像を見てるとそのまま見続けてしまうんですよね。

結果、時間を無駄にして、本当にほしかった情報とそうでない情報をもすべて受け身体制でインプットしてしまう。

でもテレビを手放した結果、無駄な情報はいっさいインプットされなくなり、必要な情報は自分でネットで検索して取りに行くようになりました。

無駄な情報で頭がごちゃごちゃになることも減りましたね・・。

テレビを手放して起こった変化2:ブームに惑わされなくなった

テレビからの情報を否定するつもりはないけれど、テレビが私たちに与える影響度って半端ないです。
ツイッターとか見るとテレビの影響力の高さがいまだにすごいんだな〜とつくづく感じるんです。

テレビで放送されたものについて、ツイッターで話題になる。

例えばダイエット番組でとある食材がダイエットに効果的!なんて取り上げられれば翌日スーパーからその食材がたちまち消える。

私もそんな情報に惑わされすぐにスーパーに直行したことがありました。
でも、結局そういうのって続かないんですよね。 バナナダイエットのときも買いに行ったけど、結局長続きしませんでした^^; もともと飽き性だしな・・。

ダイエットに限らず、テレビのそういった情報って一過性にすぎなくて、一度ある話題で流行ったらまた次の新しい話題が登場するんですよね。

その話題に乗っかりすぎてしまうのも、まぁちょっと疲れるわけで・・かなりテレビの情報を過信していたんだと思います。影響されずブレなければいい話なんですけど。

テレビを手放した今ではそういう行動もなくなったのであっち行ってこっち行って〜とかがなくなりましたね。
一過性の情報に惑わされにくくはなりました。

テレビを手放して起こった変化3:テレビを見ていた時間がそのまま自分のやりたい時間にあてることができた

変化1でも述べましたが、テレビって一度身始めると見続けちゃうんですよね。

で、1つの番組見るだけでもCM挟んだりするから30分とか1時間とかかかるわけで。

その時間ってもったいないなーと感じつつも見ちゃってましたね。

人ってだらだらするのも大事と思うんですが、テレビ見てだらだらは私は嫌だなと思いました。

今ではそんな時間も自分の好きなことに充てることができているのかなって思います。

テレビを手放して起こった変化4:物欲が低下した(不必要なものを買わなくなった)

そう!これはでかい!

断捨離をよくしていたときにだいぶ物欲は低下したんですけど、それでもテレビでかわいい洋服とかアクセとか取り上げられてたりすると

欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい〜〜!!!!!!
とか思っちゃってました。「どこのお店だろう」「どこの服だろう」ってメモなんかしちゃったりしてました。(まぁこれはインスタやTwitterで今でもしちゃっていることですが)

でもテレビを捨てた今はそういう情報は過度に入ってこないし、物欲はかなり少なく?なりました。出費が減るわけだからラッキーでしたね。

テレビを手放して起こった変化5:家でだらだら過ごすことがなくなった

上述した変化3と似た感じですが、これも本当にでかかったです。

テレビって、ほんっと見始めると見続けてしまうんですよね。

で、その時間は本当はやるべきことやりたかったのになんだかんだテレビ見る時間にあてちゃってたんですよねー。

これっていま考えるとほんともったいないわけで、必要な情報をゲットしたらプツッっと切っちゃえばいいのに、それをさせないテレビのすごさ。ずっと見続けちゃう・・あ、これはテレビどうこうって話ではなく私の性格の問題かもな。

まぁ、テレビっていろいろな意味でまだすごい

テレビを手放したことで気づいた唯一のデメリット

テレビを手放したことで起こった変化についてメリット的な感じでお話ししましたが、実はデメリットもあることがわかりました。

1つだけですが。
それは、最新のネタに疎くなるので会話で「なにそれ!?」と聞き返すことが増えたことです。
これくらいです。

でも今ではSNSの方が情報が早いですし、人とそこまで話が合わなくなることもなくなりましたけど。年配の方と話すとまたちょっと違うのかもですが。

ただ、流行ネタに追いついていけなくてもそこまで不便でないですが・・・まぁ強いていうならって感じで、お話ししました。

まとめ

テレビを否定したいわけじゃないけど別になくても全然困らないことがわかったので今後もこれでいこうかと思います。

ただ、環境の変化でテレビをもつことになったとしても、以前のようにダラダラと見続けることは決してないと思っています。

必要な情報は自らが動いて掴みにいく、(なんか意識高い系な発言ですね)これが自分には合ってますね。