仕事

【就活】面接で失敗談。自分を盛りすぎてはいけないと学んだ話・・。

自分を盛りすぎてはいけない

スーツを着た就活生を駅で見かけるようになると自分の恥ずかしい就活時代を思い出します。

今回は履歴書と面接についての話をしようと思います。

タイトル通り、面接時に自分をよく見せようと盛りすぎて墓穴をほって結果大失態話です。

こんなアホなことしている人もいるんだ〜的な感じで読んでもらえると嬉しいです。

書類選考は通らないと意味がない!すべては目に留まる履歴書を・・!と自分をよく見せすぎた履歴書

当時私は履歴書を書くとき、できるだけ相手の目に留まるようにマジック使って大きく書いたり変わった書き方をすることを意識していました。

それがどんな内容かよりも、すべては目に留まるようにそこそこ大げさな内容を自信満々に書いてました。

たとえば
「私こそが貴社の経営者にふさわしい!」
とか。意味わかりませんよね。

これを太マジックで書いたりしてました。

100均で裁縫のレースとか買ってそれ履歴書に貼り付けたらなんだコイツとか思ってもらえるかなとかいろいろ考えてました。今考えるとだいぶアレ・・。

超盛りに盛った内容の履歴書を送った

で、あるインターネット関連の会社に盛りに盛りまくった履歴書を送ったんですね。

書類選考はなんとか無事通りました。(目立ったからかはどうかはわかりません。)

その際に送った履歴書の自己PR欄には確か趣味の映画のことを書いてたんですよね。

確か、私は映画の説明などがめっちゃうまい&とにかく人の気持ちを動かすのが得意です的な(全然得意じゃない)内容を盛りに持って書いていたんだと思います。

具体的には

私は映画レ・ミゼラブルに関しては好きすぎて延々と語り続けることができ、相手を”この映画観たい!!”という気にさせることができます

というもので・・
これが後々赤っ恥の原因になるとも知らず、自信満々に書いていたのでした。

面接当日

ついに面接当日。

面接が始まり、面接官にあたりさわりない質問をいくつかされ答えていき
そしてこの映画レ・ミゼラブルについて、聞かれたのです。

※ちなみに面接官は3人

面接官A:ここに映画について書かれてますけど、映画好きなんですね~
私:はい、趣味なんです。

面接官A:なんか、延々と語れるとか書いてますけど・・。
私:はい!レ・ミゼラブルに関しては何度も見てまして(ほんとは2回)ものすごい感動をしまして印象に残ってますので。

面接官A:へ~。なんかここに”相手をその気にさせる”って書いてますけど
私:あ、はい。(う・・・・なんか嫌な予感)

面接官A:まだ観たことない人があなたの話を聞いたら観たくなっちゃうってことですよね?
私:あ、はい。(う・・・・・・・・・・・・)

面接官A:僕まだこの映画観てないんですよね~。

僕をその気にさせてもらえませんか?

私:あ、はい

と最悪なパターンになってしまったのです。

面接官A:では、どうぞ!
私:はい。えとあの、レ・ミゼラブルは海外の小説を元に作られたミュージカル映画で、すべての台詞が音楽なんです!(予告見りゃわかる内容を言ってしまう)

面接官A:ほうほう。
私:で、俳優人の演技力もそうなのですが歌もかなり上手で(そらあたりまえ)

面接官A:ほう・・
私:とにかく感動的な映画なんです。

面接官A:・・。
私:はい。

面接官A:・・。
私:(まってまってまってこの雰囲気まって)

面接官A:で?

私:(ですよね)

面接官A:なんも伝わってこないけど・・。
私:は、はい。(私もそう思います)

面接官A:・・。
私:・・・。

面接官A:うーん。これじゃその気にはなれませんでしたね~


ものっすごい完璧な苦笑い)

私:あ・・はい。

面接官A:(隣にいた面接官Bに対して)どう?観たい?
私:(どきどきどき)

面接官B:いやぁ、、、ぜんぜん、、。(苦笑)

私:・・・(ですよね。)

延々と語れますと書いたのに実際に語った時間は20秒も経っていたかどうか・・。

やっちまった・・・って感じでした。

(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

見事に自滅です。

後日、今回はご縁がありませんでしたメールが届きました。この自滅が響いていたのかはわかりませんが・・。

まとめ

就活って自分のことを良く伝えたくなりますよね・・。(そうせざるを得ないわけですが)
でも極端に盛りすぎちゃだめってことを学びました。

いや、普通そうだろって感じかもですが。

つっこまれても答えられるくらいの盛り方なら全然良いと思いますが、身の丈以上のことを盛りすぎたらその分リスクも高いと思うので注意が必要です。