生活

【矯正あるある】矯正歴5年の私が思う、矯正してて辛い5つのこと

矯正してて辛い5つのこと

私はもうかれこれ5年ほど歯列矯正をしているんですね。

これだけの期間矯正をしていると「これ辛いな」とか「あ、これ矯正あるあるだわ」って気づくことがあるわけです。この食べ物がキケンとか、こういうとき矯正しているとしんどい・・とか諸々。

ってことで今回はそんな歯列矯正の辛い5つのこと(矯正あるある)についてお話ししたいと思います。

矯正してて辛いと感じた5つのこと

(ここでお話しする歯列矯正は矯正器具を歯の表面に設置するタイプのものです。)

歯列矯正してて辛いこと1:矯正器具つけた直後は、器具がいろんなところにあたって痛い

歯列矯正の器具は一般的にブラケットと呼ばれていて、これのことですね↓歯1個につき1個付いてるこれ↓
矯正ブラケット
これ、つけ始めは痛いんですよ。

ほっぺの裏の肉とか、唇の裏側がブラケットにあたって痛いのです。

やがてそれが口内炎になるのですが、食べるときその口内炎にあたって超痛い

1週間もすればその口内炎の部分(ブラケットがあたっている部分)がブラケットに慣れてきて粘膜が強くなるのか、痛くなくなりますけど、それまでがしんどい。

歯列矯正してて辛いこと2:調整日直後は悶絶級に痛い

歯列矯正中は月に1度あるいは3週間に1度先生に診てもらうのですが、このときにワイヤーを変えたり、修正が入るのです。きつくしたり。

矯正調整日
どれだけ歯が動いたか、どう歯を動かすか先生のほうでワイヤーとかゴムを使いながら修正するんですけど・・これを行ってから1週間は激痛。

矯正やっている人が痛い痛い言ってるのはこの↑期間です。

当然、痛いから食べ物なんて噛めなくて、ただでさえ痛い歯なのに、食事中に噛むと痛さが倍増。

歯列矯正してて辛いこと3:ロキソニンがまるで効果ない

ロキソニンは歯の治療のあととか痛み止めで処方されることがあります。

頭痛とか生理通とか即効で痛みをやわらげてくれる有名な薬なんですが、歯の痛みにも効果があるんです。

で、歯の治療時に処方されてたから、矯正のときの痛みにも効果があるんじゃないか?と思い飲んだのですが歯列矯正には効果がないんです・・。

ということは矯正の痛みはひたすら自然に和らぐのを待つしかないのです。私の場合はいつも1週間。その1週間がただただ辛く、そして長い。

歯列矯正してて辛いこと4:痛い間は豆腐とヨーグルトしか食べられない

この調整期間は当然せんべいみたいな硬い物は食べられず、りんごやきゅうりなどの果物や野菜も食べられず、食パンさえも食べられません。

ご飯も痛いです。私は。

なので調整後1週間はいつもヨーグルトか豆腐ばかり食べていました。

なので、その期間はちょっと痩せます。物理的に食事量が減るので。

女子としてはありがたいです・・・でも、普通に食べられるようになったら嬉しくてたくさん食べちゃうから元に戻りますけどね。

歯列矯正してて辛いこと5:カレー食べるとゴムが黄色くなる

ブラケットにワイヤーを装着したときに、ブラケット1つ1つにゴムを固定するんですね。
ワイヤーとブラケットがズレないようにするために。
矯正ゴム固定
でもこのゴムが透明だったりするとカレーとかコーヒーとか食べるとその色に変わっちゃうのです。

これが↓
矯正あるある
こうなる↓
矯正あるある
最近はこのゴムの色もいろんな色が出てきてるから色付のゴムだったらそんな心配ないのかもですが。
矯正ゴムカラフル
透明は変色しやすくなるんです。

あと、細かい食べ物はつまります。めっちゃつまる。

ひじきの煮物とか細かいものは超大変です。

まとめ

矯正って、実は苦痛なこと多いんです。

でもこれもきれいな歯列のためなら我慢できるし、慣れてきたらそこまでしんどいものでもありません(辛いっちゃ辛いんだけど)

それにだんだんと歯列が整っていくのが目に見えてわかってくると「辛いけどがんばろ〜」って気分にもなれます。

きれいな歯列のために、乗り越えていきましょう。