【体験談】自分より辛い人はたくさんいるという考えは相当ヤバい。社畜で思考が麻痺した末路をお話しします

【体験談】就活の交通費がバカにならない。会社説明会の交通費代に苦労した話

就活の交通費がバカにならない。会社説明会の交通費代に苦労した話 仕事
スポンサーリンク

毎年秋頃になると街中でよく見かける就活生。

彼らを見るたびに自分の就活生時代をよく思い出します。痛々しい思い出ばかりですが・・

当時毎週のように会社説明会に行ったりしてて、それで苦労したことがあったんですよね。

そのときのことをお話ししたいと思います。

2022年追記:最近はオンライン開催もあるみたい。いい時代になったもんだ〜

スポンサーリンク

就職活動の会社説明会っていらない気がする

当時、いつも思っていました。「会社説明会って・・・必要ないんじゃ・・?」と。

当時いろんな会社(かれこれ40社ほど)説明会行ったんですが、会場で聞く話って7割ほど会社HPの内容を噛み砕いただけがほとんどだったんです。

たとえば「説明会でしか聞けないここだけの秘話!」とかあればいいですけど、大抵

  • 企業の生い立ち
  • こんな仕事してます
  • 先輩こんな人たちがいます
  • Q&A

がほとんどだったんですよね。生身の先輩たちを見れるのはまぁ・・ちょっと新鮮でしたが。

でも会社説明会に行けば

  • より詳細が知れる
  • 出席することで意欲が伝わる
  • 質問すれば顔を覚えてもらいやすいかも
  • 会社説明会に参加することが加点につながるかもしれない

こんなメリットももしかしたらあるのかもしれません。

実際のところ会社側がどう思っているのかわかりませんが。

なかには会社説明会参加が必須なところもあって「なんで必須なわけ」と何度も思いましたね。

会社説明会に行くたびに消えていく就活資金

当時就活のために貯めていた60万〜70万ほど?ほぼほぼ交通費で消えました。(地方から都内に通っていたので)

当時バイトはしていたけど、説明会とか面接の日程を優先できる融通がきくバイトってなると、単発のバイトくらいしかなかったんですよね。(単発バイトにはだいぶお世話になりました)

結果、就活のための資金は勢いよく消えていったんです。

もちろん都心に出るときはその日に集中して説明会や面接の予定を詰め込みましたが、それでも1日にうまい具合にスケジュール組むのはなかなか難しかったです。

地方から来る人は、きっとホテルや友達の家に泊まってる人がほとんどですが、私のように都度都度やってくる人もなかにはいました。

荷物を結構かかえていた学生もいましたね。

このように、地方からやってくる就活生もたくさんいるのに
会社説明会参加必須としている会社に対しては「まじで交通費のこと考えてくれよ〜」て思っていました。

まとめ

ただでさえストレスがかかる就活なのだから、できるだけ精神的にも金銭的にも負担は減らしたいものです。

なので、こういった新しい就活の形がもっと増えて少しでも快適な就活ができるようになればいいのになって思った、そんな話でした。

ストレスは面接のときだけで十分ですよねぇ。

仕事
スポンサーリンク
著者
私です。

こんにちは!ブログ見てくれて、めちゃくちゃありがとうざいます。感謝します。
私は、社会の荒波に揉まれて埋もれて一度は奈落の底に落ち廃人化した30代(もうじき40代に突入)。労働はクソだが頑張ってます。どうぞよろしくです。

(ブログ開設時の名残で過去記事はイキっている文章もあります恥)

私です。をフォローする
How I feel
タイトルとurlをコピーしました