仕事

自分より辛い思いをしている人と比べて「私も頑張らなきゃ」と思うのは絶対に間違ってる

自分より辛い思いをしている人と比べて「私も頑張らなきゃ」と思うのは絶対に間違ってる

今回はここ数年ずっと思っていた「他人と自分を比べて”頑張ろう”と思うのは違う!」ってことについてお話ししたいと思います。

仕事辛いけど私よりもしんどい思いしている人いるし、がんばろう!と思ってた

社会人してるとき、よく思っていたんです。

営業職だったということも関係しているのかもしれませんが、まわりがとにかくストイックな人が多かったんですね。

たとえば残業時間がえげつなかったり、取引先との契約の揉め事とやヘビーな接待、はたから見たら絶対に無理!と思ってしまうような業務をこなしている人がたくさんいました。

うわ。辛そう。そう思ってしまう人がたくさんいたんです。

まぁ、仕事してりゃ辛いことなんてたくさんあるっちゃあるんですけど、度合いがね・・。

そんな人たちを間近で見ていたので、自分がしんどいと感じるときには
「あーーーしんどいしんどいしんどい。でもあの先輩はこの辛い仕事乗り越えてきたし、あの先輩は私よりも今しんどいだろうし、こんなんでさじ投げたら批判されるだろうし、やるしかないか(ため息)」
なんてことを考えていました。

まわりの先輩たちを見る度に先輩たちもこの苦しみを味わってきたのだから・・・と思うと辛いと感じる自分の考えが甘いのだと思ったんです。

ただえさえ”ゆとりゆとり”言われてるのに、甘いとか思われたくないと当時は謎の意地を張っていました。

しんどそうな人と同じくらい頑張ることで評価されたかった

でも冷静に考えると、それって間違いなわけで。

しんどいときに他人と比べて自分を評価してしまっていたんですよね。

他人の辛さと比べても、人それぞれ度合いは違うのに「あの人と同じくらいがんばらないと評価されない」と思っていたんです。

辛さを感じるレベルや辛さの種類は人によって違うのに、なんで比べていたんでしょうかね。

いま考えると人の評価ばかり気にして自分を自分で勝手に追い込んでいました。

結果、他人を基準に自分を評価していることに気づいた

ただ、それでがんばったとして「私にもできたぞイエーイ!自分の限界レベルがUPしたぞーう!」とか
嬉しい気分には絶対ならないなって思ったんですよね。

他人を見て自分を追い込んで、それで頑張れたとしても結局それって他人を基準にして自分を評価していることだから。

なんか、むなしく感じました。

一部の「しんどい思いをしている人たち」が基準になってはいけない

その後転職していくつか職を変えてきましたが一人あるいは少人数の「しんどい業務をしている人たち」が評価の基準、となっている光景を目にしてきました。

ある人は、ちゃんとやるべき業務をこなしている、そしてある人はやるべき業務に加えてさらに大変な業務をしている。

こうなった場合、どちらを評価するかといったら後者ですよね。

それが基準となって、まわりはどんどん自分を追い込むように・・というか「私もあれくらいやらないと」「やったほうがいいのかな」「やるしかないか」って思うようになっていくんです。

でもこれはブラック企業への近道にもなるし、負のスパイラル以外のなにものでもありません。

仕事を頑張るのはとてもすばらしいことだと思いますが、一部の人たちの過労っぷりが評価の基準になると、まわりも一緒に負荷がかかっていくようになるんです。

まとめ

人は人、自分は自分ってよく聞くけど、そう考えるのって想像以上に難しいことなんですよね。

だからもしあなたが「私もがんばらないと」と他人を見てそう奮い立たせているのなら、一度よく考えなおしてみてほしいのです。

人に話したり、自分のいまの現状を客観的に見れるように外部に相談してみるのもアリ。(その場合は自分とは全く違う環境の人を相手に話してください)

人に話して今の自分の状況を判断してしもらうって結構大事。

なんのために頑張るのか、頑張る矛先を間違えないでくださいね。