生活

矯正歴5年の私。歯にめっちゃ詰まる食べ物と詰まったときの対処法を紹介します

歯列矯正って細かい物 めっちゃ詰まりますよね

かれこれもうすぐ5年・・いや6年?矯正しています。

これだけ矯正期間が長いので、これ食べたら歯にめっちゃ詰るで困る食材がわかってきたので注意喚起としてお話させていただきます。

これから矯正しようかと考えている人に少しでも参考になったら嬉しいです。
※ちなみに私は表側の歯列矯正です

歯列矯正。これ食べたらブラケットに詰まる危険食材

どのように詰まるかも併せて解説します。

ブロッコリー

ブロッコリー
ブロッコリー。矯正していない人でもたまに歯に詰まるブロッコリー。

のつぶつぶのサイズは歯に詰まりやすいジャストサイズで鏡でチェックしたときに、一見詰まってなさそうで実は裏側にびっしり詰まっていることがある。

ブロッコリーを食べた後、歯につまっていなくてもうがいをするとドバって出てくることありますよね。歯の裏や奥に隠れているんです。

時間がたつとその詰まりがとれ、表の歯の隙間、ブラケットに詰まってしまうことがあるんです。

ガム

ガム
基本的に矯正中にガムは噛まないに越したことないというか。

噛んでいる人少ないと思いますが、ブラケットに絡まったら除去が大変です。

えのき

えのき
えのきは長いじゃないですか。これが絶妙な形でブラケットに絡み入っていることがあるんです。

細くて長いので、入りやすいっちゃ入りやすいですよね。

ひき肉

ひき肉
ひき肉が使われている食べ物で代表的なのがハンバーグ。

ハンバーグ

ハンバーグって、咀嚼する小さい肉が口内に散らばります。

肉がブラケットに詰まっているのって、見た目的には超最悪なので要注意食材かと思います。

カボチャ(煮物)

カボチャの煮物
カボチャサラダや煮物など、とても柔らかくそして色が目立つ。

矯正器具のまわりにきれいにくっつきますし、詰まるというか埋もれるというか。

かなり取りにくいのでこれも注意が必要です。

ブラケットに詰まった・・となったときにおすすめの対処法

食べちゃった・・と思っても安心してください。いくつかの対処法があります。

水を流し込む(とりあえずドリンクを飲む)

ブロッコリーを思い出してください。

うがいするとドバーーーって出てきますよね?

もしその場でうがいができなければ、飲み物飲んで飲んでしまいましょう。口の中できるだけ巡回させて。

なんでもいいから理由を見つけてトイレへ行こう

これができれば最高です。

一発でチェックできるし、なにより「歯に詰まってないかな・・」と思いながら人と話すことほどストレス感じることないですからね。

相手が見てないときに舌をフル回転させる

舌の使い方がうまい人ならいいのですが。

舌でどうにか取れそうなら相手が見てないときにばれないように舌をうまくつかってフル回転ですね。

相手の視線から目をはずさずにやりましょう。じゃないとオラウータン顔を見られることになるので要注意です。

オラウータン

まとめ

以上、歯列矯正中に詰まりやすいものと対処法についてお話ししました。

ちなみに矯正中はI字型の歯間ブラシが使いやすくておすすめです。

前歯はダントツでI字型が磨きやすかったですね。

ちなみに奥歯はL字型が最強。

それから毎日のうが時には、歯科でもよく出されるコンクールが個人的に1番しみなくて使いやすかったです。

矯正中はどうしても磨き残しで虫歯のリスクが高まってしまうので、こういった洗浄は心がけてました。