Stories|What I felt and what I saw ahead after 2 years of enduring the stress of crowded trains and how to cope with it.

満員電車のストレス Work/Part time Job

私はかこに約2年間、毎朝3回の乗り換え、全車両が満員電車という過酷な通勤をしていたことがあります。

3回乗り換え、乗り換えた電車全て満員って・・・結構えぐいよね・・・よく耐えたな私

満員電車のストレスがあまりにも辛くて神経だいぶすり減りました。

そしてそんな過酷な経験の内容、さらにその先に待っていたこと、試した解決法などをお話ししますね。

満員電車って言葉がこの世から消えればいいって本当に思います

私の体験談。満員電車のストレスに耐え続けた2年・・

まさか自分が満員電車通勤に2年耐えるなんて思ってもいませんでした(ああ・・・・人生って・・・)

満員電車に2年も耐えていると、いろんな「あるある」が発見できるんですよね。

辛かったよアピールするつもりはないんですが、こんなことでストレス感じたよって体験談を話させてください。

共感いただけると嬉しい

満員電車のストレス1:身動きが全くできないパーソナルスペースなんてゼロで

ご想像の通り。満員なんで、全く身動きできません。

左右前後、人と密着。パーソナルスペースなんてゼロ。むしろマイナス。

しかもみんな、イライラしているんですよ。そういうのって伝染するし睨みとか、ため息とか負の雰囲気の中に長時間いるわけで。

そして身動き取れないから、自分の楽な体勢も取れない。

これがまず超ストレス。

満員電車のストレス2:Wi-Fiルーターがすぐに切れる

これはwifiルーターを持っている人に限ったことなんですが、人混みに行くとwifiってすぐ切れたりしませんか。

たぶん他のwifiの電波の影響で切れると思うんですよね。

当然満員電車も人でぎゅうぎゅうなんで、wifi持っている人もたくさんいる。

たまにできるわずかなスペースでスマホをいじることで、少しでもストレスを紛らわそうとしたいのに、結構切れるわけです。

ここでもストレス!!

ぬああああああああ!!!!!

満員電車のストレス3:ただでさえ悪臭がさらに悪臭化する

夏と冬、これが顕著にあらわれるんですよね。

夏場はとくにですが、香水+ファンデーションの香り+いろんな人の脇汗で鼻が崩壊する。

私は鼻炎持ちですが、それでも感じるから鼻が良い人はまじでストレス。

日によってはマスク必須でした。

香水?自体はいい香りなのですが、そこにファンデの香りや汗の臭いでブレンドされると結構キツイ。

謎の臭いもするし

だれが臭いとかそういうのではなくて、いろんな人の臭いが車両という狭いスペースに密集するわけだから、臭いがひどくなるんですよね。

臭いのストレスは耐え難いものがある。

満員電車のストレス4:雨の日は服が悲惨になる

雨の日はみんな傘持ってますので、水滴で腰から下が濡れることがしばしば。

折りたたみ傘だったらいいのですが、ほとんどの人がビニール傘をもって乗車します。

すると満員電車で何が怒るかというと・・・

服が、濡れる。
下半身がとくに。

これめっっちゃくちゃストレス

なのでお気に入りの服は、雨の日は絶対に着ません。着れません。

雨に濡れるならまだしも満員電車でぎゅうぎゅうになった状態で濡れるのは耐えられません。

汚れてしまいます。。。

満員電車のストレス5:自分のせいじゃないのに体が接触するとチラチラ見られる

これは結構なストレスIt was.

満員電車って、人が乗ってくるとき、ものっっっっっっすごい勢いで押されるじゃないですか?

あれで当然自分もその勢いに巻き込まれて押す側となるわけですよ。

そうすると、前にいた人にチラチラ振り向かれたりするんです。

私のせいじゃないのに、チラっと見られ、心の声が聞こえるのです・・

「おまえ・・」と。

か・・・かなしいですよね

自分も押された側なんだよしょうがいないじゃん(泣)とも当然言えず・・視線に耐えるのです。

怒りに満ちたあの視線を・・・・ストレス!!!!

満員電車のストレスを解消するための対策法

通勤時間を変える、とか、考え方を変える的な解消法を聞きますよね。

ですが、私は無理でした。

私の場合は、ってことです。

通勤時間をズラせるのならそうしたら良いと思います。フレックス星の会社だったらしやすいですよね。

でも私は早起きしてズラすしかなかったんです。でも、そうなると早く起きなくてはいけない。

終電で帰っていた私には絶対無理でした。1秒でも長く寝たいのに、満員電車回避のために早起きするなんて絶対無理でした。

フレックスの会社、どんなに憧れたことか・・・

そして考え方(いわゆるマインド的なこと)

それができて、それで対応できるならそれが楽です。

でも私は無理でした。

「無になれ・・無になれ・・・」とか「○○を考えるようにする」とか考えたとしても結局密集されたスペースに自分がいる以上気を紛らわすことなんてできなかったIt is.

In my case.

単純に満員電車のストレスに慣れて身を委ねる、ということ以外に自分ができることはありませんでした。

私が実際に満員電車のストレスに耐え抜いた先に待っていた結末

それは

引っ越しです

これで、満員電車とのストレスに解放されたんです。

簡単に聞こえますが、これが私にとっての解消法でした。

物理的に満員電車から距離をおく、ということが私にとっての解決策だったんです。

なかには引っ越しを安易にできない環境の人もいるでしょう。だから安易に「引越せ!」とか「転職しろ」とか言うつもりはありません。

でもそれでも私は満員電車のストレス < 引っ越しの大変さ をとりました。

ただでさえ1日の仕事が始まるってだけでストレスなのに、朝の満員電車でストレス消耗したら1日のスタートが疲労感たっぷりで始まることになります。

それってますます仕事が楽しくなくなるというか。

「さぁ!今日も仕事がんばるぞ!」って気合が満員電車で奪われるのって残念すぎるなって思ったんですよ。

私の個人的な考えですが、ストレスは病気の元にもなるので、なるべく自分の精神状態は健康に保っていたかったんです。

実際、ただでさえ辛い業務で、満員電車のストレス。当然メンタルやられて、しまいには泣くようになってましたから。

Here's the story of that time
To those of you who cry because your job is so hard, I can tell you from my own experience. Think about what you are working for - How I feel
To those of you who cry because your job is too hard. There was a time when I cried every day because I was holding on to too much of my workload. Every day was full of work, and even though it was hard, the workload kept increasing. I was on the edge mentally. I would like to share my thoughts based on this real-life experience.

簡単に聞こえるかもしれませんが、満員電車でストレスがMAXになっているなら引っ越しをおすすめします。

最寄り駅が満員電車で有名な駅or路線でないか、満員電車であっても始発駅か、とか絞っていったほうがいいかと思います。

summary

ということで、満員電車のストレスについてお話させていただきました。

2年耐えて、結局引っ越しをして今は満員電車から解放されたわけですが、「多少無理してももっと早く引っ越しして環境を変えておけばよかったな」とも思いました。

やはり満員電車って悪いことしかない・・。

仕事をより楽しむためにも、朝のスタートを快適なものにするって大事ですよね。

関連:仕事のストレスに関する記事はこちらも読んでみてくださいね

ブラック記号、社畜、過酷な労働環境に触れてきたので、よかったらこちらのページも見てみてくださいね。

I was so stressed out that I finally lost weight and got chapped cheeks.
I have worked in sales and SE positions in four different companies. I would like to talk about my experience of losing weight and getting chapped cheeks due to stress. When stress reaches its peak, people lose their appetite...
【社畜】休日出勤は癖になるからやめたほうがいい。私がそうだったから。 - How I feel
今回は休日出勤についてお話ししたいと思います
女ばかりの職場はめんどくさい。先輩や派閥..いじめをアパレルバイト時代に受けて学んだこと【実話】 - How I feel
今回は学生時代に経験したバイトでの出来事をお話ししたいと思います。
I want to go home! I think I understand why people who think "I don't want to work overtime" end up working overtime - How I feel
I hate working overtime! I think everyone thinks so.
タイトルとURLをコピーしました