仕事・バイト

転職を繰り返してしまう自分を責めてはいけない。本当に好きな仕事を見つけるのって難しいのだから

転職は繰り返したっていい

私は以前、20代で転職を何回もしている自分に対して「私ってまわりに比べて転職回数が多いよな・・(ため息)」とネガティブな感情を抱いていました。

転職が多いこと自体はなんの自慢にもなりませんが、でも回数が多いことで自分を責めるのは間違っています。

なぜなら私がいま心底「転職をしてきてよかった」って思うからです。(正直、自分を正当化したり、自分に言い聞かせているだけかもしれませんが)

今回は、なぜ私がそう思えるようになったのか、経験談をもとにお話ししたいと思います。

転職を勧めたいのではなく、あくまで転職を回数を悔やんでいる人に対して「そんなことないのでは」って言いたい気持ちでお話しします。

私は転職回数が多いことが恥ずかしいことだと思ってた

私は20代のうちに3回転職しました。今考えるとたった3回とも思えますが、当時は多いと思っていたんです。新卒で入った会社は4,5ヶ月目で辞めましたから;

友達と話してても「また転職!?しすぎじゃない!?」と言われたし(その友達は転職回数0)転職の面接でも「転職多いね〜」と転職回数が増えるごとに言われていたからです。

さすがにここまで言われるってことは常識的に20代で転職3回って多いのかもな・・と思うようになっていったんです。

だから、私は社会不適合者なのか・・と恥ずかしく思っていたと思います。(仮に社会不適合者と言われても自身が思っても恥ずかしいことではないのに)

いま振り返って思う。転職を繰り返すことはそんな悪いことじゃない

いま私は30代突入したのですが、20代の転職体験を振り返って「転職してよかったな」と思うんですよね。(結果論に聞こえますよね、私もそう思います。でも聞いてやってください)

転職したことによってだんだんと自分の本当にやりたい仕事が見えてきた

転職を経験したからこそ「本当にやりたり仕事」のイメージが具体化していったんです。

入社1社目はただただ営業としてのスキルを身に付けたくて働き、2社目では不動産の知識を身に付けたいと思いつつも営業に対する疑問が生じるようになる。

3社目で出会った同僚にネットの仕事の魅力を教わり、そして4社目で働き方についてや健康ととるか仕事をとるかの選択について考えさせられるようになりました。

いままで経験してきた職種と職場、そして同僚との出会いがあったからこそ、自分のやりたい仕事について具体的なイメージが固まっていったんです。

これは間違いありません。とくに3社目と4社目での経験はかなりでかかったです。

結局のところ会社は入社してみないと分からない

転職してよかったなと思う理由はこれ以外にもあります。

それは結局のところ会社は入社してみないとわからない部分があるんです。

もちろん入社した会社が自分に合っていれば問題ないのですがそうでない場合もありまして。

募集要項や面接で実際にその職場で働いている人(面接官)と話し、なんとなく雰囲気はつかめても、それはあくまで自分が働く前に感じることであって、実際に働くといろんなことが見えてくるんです。

入社前のイメージと全然違う。募集要項と内容が違う。
これはよくあることなんですよね。

だから「入社してみないと分からないから、転職を繰り返してしまうのはしょうがない」というか、仕方ないことだと私は思うのです。(自分をなだめている)

本当に好きな仕事を見つけるのって難しい

自分の好きな仕事に出会うのって・・・難しいんですよ!!!!(難しかったです、私は!)

これって突き詰めると日本の教育に問題があるのではとも思う。(日本のせいにするなって言われそうですが、自分の好きなことを学ぶのではなく教師から言われたことだけを学ぶ学校システムってのもどうかと思いませんか?すみません愚痴です)

もちろん自分にも責任はあります。はい、それは重々承知しております。

でも、私の場合は4社経験してはじめて「ああ、私が仕事したいのはアレだわ」って思うようになったんです。

4社経験して、やっとです。

高校、専門学校、大学、大学院などなど、学生を卒業して1番最初に入った会社が本当に自分のしたかった仕事ができる場所ならそれが最高だと思います。

でもそれって稀だと思っていて、まだ自分の好きな仕事がわからないし知らないしなんとなく入社してなんとなき働くパターンもあれば、「私はこれが好きなんだ!間違いない!」と決めつけているパターンもあると思うんです。

憧れていた職業に就いたけど全然楽しくなかった、理想と現実は違ったって場合もあるだろうし。

社会人経験を経てあらたに好きな仕事が芽生えることだってありますよね。

好きな仕事を見つけられるのってそんな簡単な場合じゃないから、だから転職をたくさんして見つけることも手段の1つだなと思うんです。

私は営業職としてのキャリアが長く自分自身合っていると思っていたのですが実際働き続けていると「そうでもないな」って思っちゃいましたしね・・。思い込んでいましたけれども。

まとめ

転職回数が多いことは全然悪いことではありません。

個人的には、転職何回してきた?と聞かれたら、今ならさらっと普通に答えられます。

もちろん「転職めっちゃしている」と誇らしげに言うのはどうかと思いますが、全然恥じる必要はなくて。

やりたくない仕事や「なんか違うな」って仕事を一生続けるくらいなら、本当に自分の仕事を見つける、あるいは「この仕事がんばろう!」って思えるまで探し続けることのほうが私は大事だと思います。