スピ・宇宙

【感想】 エイブラハムの教えビギニングの本を読んで私が思ったこと

エイブラハムの教えビギニングの本を読んで私が思ったこと

最近瞑想をしている私ですが、瞑想をはじめようと強く思ったきっかけがエイブラハムの存在。

エイブラハムについてはいろんなブログで詳しく記載があるのでここでは詳細は省きますが、まぁざっくり言うと「気分が良いと思うことをしなさい」という話。

で、具代的にもっと深く知りたいなと思ったので初心者でも読みやすいなと思って「エイブラハムの教えビギニング 「引き寄せの法則」で人生が変わる」を購入したんです。

ここでは読んだ感想(私がどう思ったか)をメインにお話ししたいと思います。

私にとって人生初のエイブラハム本。順番は気にしなかった

エイブラハムのおしえビギニング

エイブラハム本にはいくつも種類があります。

何から読めばいいかな?順番はあるのかな?とネット調べたのですが、どこかのレビューで「初心者にや読みやすい」と書かれていたし「エイブラハムの教えビギニング」とビギニングと書かれていたのでこれにしました。

結果として読みやすかったし、これにしてよかったです。

初心者の方がエイブラハム本の順番を気にしているのなら、まずこのビギニングでもいいんじゃないかな?と個人的には思いました。

とはいっても他の本は読んだことがないので、あくまで「初心者の私でも読みやすかった」からなのですが。

【感想】エイブラハムの教えビギニング 「引き寄せの法則」で人生が変わるを読んで感じたこと

個人の感想・解釈です。

心が軽くなった←これ大事

まず思ったのが心が軽くなったってことなんですよね。

だって「気分が良いことさえすればいい」っていう教えなんですもの。(教えっていうとなんか宗教っぽくて違和感あるんですが)

私たちが唯一実践すべきことは「気分が良いことをする」これだけってめっちゃ簡単だしすぐに誰でもどこにいてもできることなんですよ。

こういう引き寄せの法則ってたとえば「感謝しなさい」とか「人に親切にしなさい、そうすれば自分に返ってくる」的な内容が多いんですね。

たしかにそれらの言っていることはわかるんですよ。それが自然にできたら最強だと思います。でも人間だもの、感謝できないことだって人に親切にできないことだって多々あるわけです。

でもエイブラハムの教えはそういうのではなくて、”自分が気分が良いこと”に焦点をあてているので、無理くり感謝しなさいと言っているわけじゃないです。

ここなんです、ここ。だから心が軽くなったんです。

無理くりポジティブなことを考えなさいって言っているわけではないんです。(逆にネガティブになれとも言ってませんが)

人それぞれどんなときにどう気分がよくなるかなんてわからないから、だから内なる自分に問いかけるんですね。

「今私はどうしたいのか?」と。

これの問い通りを実行していくだけ。

全部読み終えて思ったのが、実行不可能な難しいことは何1つ書かれていない。

エイブラハムは誰?の謎

「エイブラハムって何者?」「エイブラハムは哲学者?」などといろんな想像妄想をしていたのですが、実は実在する人ではなく、集合体の総称的な感じです。

光の集合体的な。(ドスピリチュアルな内容・・・)

あまりここはこだわらなくていいみたいです。 そういう存在がいるんだな〜的な。

エイブラハムの教えを毎日続けたい(私でも簡単に続けられると思った)

瞑想・・というか内なる自分と対話すること。多分自分の感覚に従うってことなんかと思います。

この内なる自分と対話するのに一番てっとりやすい方法が瞑想って感じだだと解釈しました。

内なる自分とのコンタクトをとるために、物質世界(現実世界)から入る情報を遮断してリラックスする的な感じ。

ざっくり説明するとリラックスしながら自分に問いかけることを瞑想中にするっていう感じ。

普段なにげなく生きていると、物質世界の情報を処理するだけであたまはいっぱいで、リラックスすることもなければ自分に意識を集中することってないと思うんですね。

でもこの時間(自分に問いかける)こそが大事、的な。

この本では現実と違う次元との通路を作ると書かれていましたが、これだけ言うとちょっと怪しいですよね。

でも本を読めばたぶん納得できると思います。 読んでいて「なるほどねぇ」って腑に落ちたポイントが多々あるので。

一番に思ったこと。それは「心が軽くなる」ということ

さきほどもお話ししましたが、この本を読んで一番に思ったのは 心が軽くなった ってことです。

だって「気分が良くなること」「楽しいと思えること」だけを実践していくだけでいいんですもの。

この本を読む前もエイブラハムの教えはザックリと知っていたのですが、より納得したというか。

正直まだ半信半疑に思っている部分はあります。

でも、気分が良いことをするっていうのは、実際したほうが自分にプラスになりますよね・・。

まとめ

今回はじめてエイブラハム本を読みましたが、エイブラハムについておおまか理解できました。

たぶんもっと奥深いところがありそうですが、おおまかな部分がわかったし、一番大事な「気分がよくなることをしなさい」っていうところを理解することができました。

私は瞑想もやったこともなければえ「エイブラハムってなに?」て感じのところから本書を手にとりました。 結果的にはよかったなと思いました。

難しいことは何一つ書かれていなかったし、理解することができたので。

現在はエイブラハムの他の本を読んでいます。またその本も読み終えたらこのブログで感想をお話ししたいと思います。